綴る 日々のこと ー記憶にある台湾編ー

さらっと過ぎていく日々を忘れないために残す記録

レシートのくじから。

何を話題にしようかとしばらく考えまして、いちばんと言っても言い過ぎではないくらいに好きなもの、レシートのくじについて書くことに。

 

旅行に行ったときも、大事に持って帰ってきます。

数が少ないのが敗因だと思うのですが、全く当たりません。

住んでいた頃は当たってたんですよ。

200元ですけど。

 

「いくらぐらい当たるものなの?(たいした額じゃないんでしょ?が見え隠れ)」「捨ててきた」など聞くと、「もー、何言ってるのー!」って気持ちで、わたしがどれほどこのくじが好きか説明します。

 

当たらなかったとしても、当たってるかなってワクワクできるじゃないですか?

消費者にとっては、悪い点がないんじゃないかと思うんです。

 

 

ふぅ、気持ちが入りすぎました。

 

一応、説明も付けておきましょうかね。

 

商品購入の際にもらうレシートに番号が書かれています。

奇数月に当選番号が発表されます。

当選するとお金がもらえます。

 

わたしは郵便局に持って行き、現金にしていました。

 

 

いろいろ書きたいことはあるのですが、読んでくださる方に有益なものとなると、途端に書くことがなくなりますね。

次回は、んー、まだ決めかねていますが、また何か好きなものについてになりそうです。