綴る 日々のこと ー記憶にある台湾編ー

さらっと過ぎていく日々を忘れないために残す記録

間違っていたとは限りませんが…

どどん。

久しぶりに台北の地に降り立ちました。

 

到着の様子は割愛しまして、ある日の朝ごはん。

 

南京復興駅から少し北へ、興安街にあるお店に到着です。

怖く見えるけど、親切でギャップ萌え

と、あるブログで書かれていまして、そんなふうに言われている店員さんを是非見たい!と思い、やって来た次第です。

 

チーズ入りのさくさく蛋餅を食べて豆漿を飲んだら、それはもうお腹がいっぱい。

 

で、肝心の店員さんたちなのですが、好感度よし!

発音がわからない文字多数なので、注文するものをメモに書き、「これ、ください!」と見せたのです。

それを見た瞬間、彼はにやっ笑ったのです。(漢字間違ってたのかな?)

あら、かわいい!

このオーダーが入ったよーと他のメンバーに伝えた後もメモを見つめています。(やっぱり漢字間違ってる?)

 

間違っていたら恥ずかしくなるので(今更)、漢字の正解不正解は確認しておりませんが、そのおかげでかわいい表情を見れたということで、ミスも悪くはないという結論に至りました。

 

次回の話題はまだ決まったいませんが、近いうちに更新しようと思います。